お久しぶりです。
最近忙しくてなかなか更新の出来ない瀬下 大佐です。
さて、今回は駆逐艦の効率の良い経験値稼ぎ方にの一つ、占領について紹介していこうと思います。
ダメージ重視の方でも、動き方の一つだと思って読んでもらえれば幸いです。
※今回紹介するのはバージョン0.5.11の情報に則っています。今後のバージョンにて日本駆逐第二ツリーが実装されるので、動き方や各種性能の変更があると思います。そのときは、また新しく記事を作成します。

 


1.導入

まずは、こちらのの画像をご覧下さい。
スクリーンショット (571)
スクリーンショット (572)
日本tier8(ver.0.5.11)駆逐艦の吹雪です。
雷撃の調子が良く、15万ダメージを叩き出しています。経験値も2321とまあまあな感じです。
続いてこちらをご覧下さい。
スクリーンショット (658)
スクリーンショット (661)
日本tier7(ver.0.5.11)駆逐艦の初春です。ダメージは8万後半で、経験値が3251となっています。
この2つの戦闘を見比べると、決定的に違う点が1つあります。それは、陣地を占領しているかしていないかです。
吹雪の戦闘は通常戦なので、占領云々はなんとも言えませんが、制圧戦の場合はどんどん陣地占領をするように心がけましょう。

2.概要

陣地占領をするのにもいくつか注意点があります。それは、

Ⅰ.序盤で単艦で陣地占領にいかない。味方の支援を受けられるように動く。

Ⅱ.占領出来ない時でも、味方の支援があるなら別の陣地にはあまり行かないようにする。

Ⅲ.味方の支援が来ないなら、その海域の偵察を撤退しながら行う

Ⅳ.サークル内で停止するときは、必ず敵の駆逐艦が来そうな方向に船尾(船首)を向けておく

Ⅴ.占領開始前に必ず退路を確保し、常に確認する。

の5つです。なんのこっちゃ?となる所もあるはずなので1つずつ解説します。 


Ⅰについて
敵の駆逐艦も占領を狙ってサークル内に入って来ます。その際、お互いに発見された時に重要なのが、素早い巡洋艦の援護砲撃です。なので、巡洋艦などの支援を受けられるように行動しましょう。
また、空母の支援も大切です。先行して航空機に偵察してもらえば敵の駆逐艦への対策がしやすくなります。

Ⅱ・Ⅲについて
占領出来ないからといって、すぐに他の海域に行ってしまうと、そこに防衛の穴が出来ます。そうすると前線が崩壊し、最終的に負ける確率が高くなります。
なので、味方の支援があるようならそこの海域を支え、大丈夫なようなら他の海域に行ったり、再占領を狙ったりしましょう。
もしも、自分がいった海域が負けて撤退を余儀なくされてしまった場合は、反対の海域の人たちが動き易いように、撤退しながら視界を取り続けましょう。

 Ⅳについて
いくら駆逐艦と言えども、船腹に雷撃が来てから急加速して回避するのは難しいです。
とは言え、船幅は狭いので、船首か船尾を向けておけば少し移動するだけで回避が可能です。
また、船首と船尾は披雷時のダメージか比較的少ないので、戦闘を続行することが可能になります。
ちなみに、船尾を向けておいた方が良いです。
と言うのも、だいたいサークル内に雷撃をしてくるのは、そこを占領しようとしている駆逐か、追い出そうとしている巡洋艦で、こちらに向かってくる確率が高いからです。
こちらが披発見になったときに、すぐに逃げられる体制にしておくと、無駄なダメージを受けずにすむことが出来ます。

Ⅴについて
レーダーやソナーに発見されたとき、あるいはサークル内で敵と遭遇した時に、ほとんどの人は撤退を開始します。しかし、そこで島に座礁したり退路が遠かったり(背後に島がある等)するとレーダー等に捕捉され続けます。そうなるとほとんどの駆逐はここで死んでしまい、運よく生き延びたとしても以降の占領戦には参加できないほどのHPとなってしまいます。なので、占領開始前に退路を確保し、それがどこか常に頭に入れておくことが重要になります。
3.まとめ

最近は、占領を積極的にするプレイヤーは少ないように感じます。しかし、導入の通り占領は非常に有効な経験値稼ぎの手段です。
また、Tierが上がれば上がるほど(熟練度の向上により)敵の殲滅が難しくなってきます。その時に占領は勝利の手段ともなってきます。
Tierの低い艦長さん方は、早いうちから占領の練習をすると吉だと思います。
では。


※追記(2017年12月)
バージョンの更新に伴い、日駆やソ駆のツリー改変が行われました。
が、そこまでおおきな変更ではありませんでした。(日駆:一部の駆逐艦の隠蔽が悪化した程度、ソ駆:隠蔽性の比較的ましな船が出たこと程度)
問題は、レーダー艦の増加です。
レーダー艦の増加に伴い、より
すぐ逃げられること
を重視した立ち回りが求められるようになりました。したがって、以下の’Ⅴ’を本文に追加します。

Ⅴ.占領開始前に必ず退路を確保し、常に確認する
Ⅴについての説明
レーダーやソナーに発見されたとき、あるいはサークル内で敵と遭遇した時に、ほとんどの人は撤退を開始します。しかし、そこで島に座礁したり退路が遠かったり(背後に島がある等)するとレーダー等に捕捉され続けます。そうなるとほとんどの駆逐はここで死んでしまい、運よく生き延びたとしても以降の占領戦には参加できないほどのHPとなってしまいます。なので、占領開始前に退路を確保し、それがどこか常に頭に入れておくことが重要になります。